ドイツ映画

 映画について語る、ってことについて散々大学時代叩き込まれたので、論評みたいな仕事もしてみたいもんだ。でも、その道の人は観てる量が違うだろうな。イマジナリーライン、インやアウト、オフの音など重要な概念についても授業で習った。面白かった。

 

 時代劇やウェスタン、任侠ものやホラーはあまり観ない。ただ最近、ツタヤにあった「グッドナイトマミー」(たまたまドイツ映画でした)という作品を観たら意外と面白かった。吉祥寺ツタヤのホラーコーナーで3位ということだったので身構えてたが予想以上に何も起こらなかった。厳密には心理的ホラーで、バケモノはでて来なかったということ。小谷の「あーママが少しづつゴキブリ女に変貌するのね」という浅はかな予想は容易に裏切られた。なんと言うか、「シックスセンス」と「ワットライズビニース」を足して二で割ったような映画だった。描き方としては随分面白かった。

 

 さて、昨日見たのは「ヒトラー暗殺13分間の誤算」で、「白バラの祈り」同様に反ヒトラー、反ナチもの。小谷がドイツに滞在していたのは2007か〜2008年までの1年間だけだったが、意外とまだ聴き取れるものだなと思った。滞在時に友人に聞いた話では、ナチズムに対する反省からサッカーなどの応援でほっぺに国旗のペイントをできるようになったのも最近で、愛国主義自体が憚られる空気がまだまだ当時にはあったそう。全然ついこの間の話である。ドイツはではヒトラーの「我が闘争」は禁書指定されているので図書館などで借りて読むことはできない。また、「ヒトラーの墓」などというものも存在しない。

 

 そんなナチズムへの反省とは裏腹に、ネオナチというヒトラー民族浄化主義に傾倒した若者(?)がいたりもするのも事実らしい。スキンヘッドがシンボルマークという話だが、小谷はドイツではっきりと彼らを目撃したことはない。ネオナチに関しては是非とも、「アメリカンヒストリーX」を観て欲しい。日本もちょっと前まで「天皇バンザイ、神国日本にカミカゼ吹く」というノリだった訳で、共謀罪成立しちゃった日本では今後、ゲシュタポみたいな共謀罪者を見張る機関がができたりするのかも知れない。まったく嫌な時代だ。

 

夏の終わりに

 イベント名、なんとなく「夏の終わりに」にしてみました!

ライヴ日程、当初の予定(9/19)から変更になり、9月30日に決定!

ご都合のよろしい方は是非!残暑でも涼める選曲を考えております。

もう10月目前だから涼しいのかな。楽しみです。

 

ー 夏の終わりに ー

9/30(土)@Whisper

 

<周平トリオ>
小谷周平(Gt)
岩嵜香織(Tp
藤本暁子(Pf)

<会場> Whisper(三軒茶屋
<チャージ>¥3000円(事前予約の方はー500円の割引あり!)
<スタート> 19:30〜

<予約受付>wildoyouthster@gmail.com(小谷)
<WhisperのHP>http://whisper.co.jp/whisper/

 

参考までに過去のライヴ音源(9月のライヴはピアノトリオです)。

 


恋 − 星野源  小谷周平・ソロギター


恋のバカンス  わんにゃんクインテット

東京タラレバ娘

 最終巻も発売されちゃったので、物語は完結しちゃいました。まあ、結末は読者も納得の終わり方だったのでは。昼ドラタッチな気もしましたが、結婚推進運動している訳ではないと豪語する作者は、みごとに女子会ばっかりやっている女の滑稽さや痛々しさを描きつつ、それでも「楽しいからよ、何がいけないの?」と女の強いエゴを描き切っていいて、そこは東村アキコ節。さすがです。でも小谷は個人的には「かくかくしかじか」の方が好き。

 

 ただこの作品の影響力がすごいのは、これで必死で婚活始めちゃう人がいたりする所である。「自分を大切にしてくれる恋人ができるか」「結婚して幸せになれるか」「この人でほんとに間違いないか」など、恋愛とそれに付随する結婚などのテーマが彼女たちにとってはそのまま死活問題であることを、男にも分かり易くコミカルに描いてくれている。物語自体も面白いが、それぞれの巻末に掲載されている恋愛・結婚相談コーナー「タラレBar」も必見である。

 

 恋愛と結婚をテーマに卒業論文書いた小谷にとって、『東京タラレバ娘』は言及せずにはいられない作品だった。是非、手にとって抱腹絶倒しつつ、煩悶していただきたい。

過去のライヴ動画たち 〜まとめ〜

 過去にやったライヴ動画がいくつも残っていたので、少し紹介したいと思います。その前に、かわいい動物モノも一つあるので是非。一応、このブログも含め、Youtubeなどもアクセス数をあげる工夫を少しずつしていこうと思います。

 


「ラスカル発見!」  撮影・編集 小谷周平

 

 

 ここから紹介する動画は、古いものは5年前、あるいはそれ以降のライヴ動画です。僕は元々はベーシストでして、2007年にドイツでセッションホストを務めたときの動画が残っていたのでそちらも是非。ユーロでギャラもらったときはとても新鮮でした!本格的にギタリストとして活動し始めたのがちょうどこの5年くらい前になるんですね。それにしても、スタンダードジャズより日本のポップチューンやアニソンが多いな(笑)。

 


デビルマンのうた 〜 とおりゃんせ  by Vexations


ぼくたちの失敗 - Vexations -

 


Little Wing ~ Imagine

 


Soon


hideへ 〜 an homage to hide of "Love Replica" 〜


S.O.S. - Vexations -

 


黄昏

 


君をのせて -Vexations-

 


秋桜  by Vexations


君が代


Crooked Creek - Vexations -

 


恋 − 星野源  小谷周平・ソロギター

7月14日。出所して1年

 出所日は去年の7月14日だったので、ちょうどまるで1年と4日が経ちました。早いもんです。去年は親には挨拶にも行かず、友人に金借りて、部屋決めて2週間くらいでバイトの面接にも行って、でものんびり過ごせていた。とにかく楽しみにしていたエロ動画を買いたてのiPadでたくさん観たし、書こうと思っていた小説の原稿にも取りかかり、かなり時間を注いだ。自然を満喫したかったので奥多摩にも足を伸ばして、お金ないなりに森林浴楽しんで、その近くにあった洞窟を探検した。思い起こしても、解放的な夏休みだった。

  今年は仕事も増えてきたので、去年ほどのんびりした夏休みにはできないが、5年ぶりに上高地から北アルプスの山々を登れたらと思っている。まあ天気次第だ。

 

 このブログ始めてから1年経った訳でもある。PVは7000ちょいと人気なし。再開したyoutubeもアクセス数は1ヶ月で100ほどでとてもこれらから広告収入は得られそうにない。でも、少しでも人の目に止まればと思うので、まずはyoutube よりもこちらのブログの更新頻度を上げようと思う。なかなか面白い文章を書き続けるのは難しいことだが、あたためておいてある刑務所ネタを少しずつ公開していこうと思う。

 ホリエモンも刑務所なうなどで書いていたが、刑務所にいるのも正真正銘「人間」なので、必然そこにも当たり前の生活やがあり、ドラマも生まれる。そういった刑務所における受刑者の日常や、施設の実態などを伝えていけたらと思う。

 

 とは言え、それらはあくまで副産物であり、このブログはあくまでも自分の活動を報告したり、出会えた素敵な作品を紹介したりすることに焦点を当てたものにしたい。

 


恋 − 星野源  小谷周平・ソロギター

 

 

屍の上で

 まずは動画から。イエモンのJAMをアレンジしました。

 


JAM  小谷周平(編曲)

 

 さて動画の最後にあるように、僕のデビューライヴは当時親友でバスケ部もバンドも一緒にやっていたゆうすけという奴の追悼ライヴでした。中3の夏休みの終わりに突然知らされた友人の訃報。泳げもしない奴が水難事故という誰しもが解せないその唐突な死に、故人の家族はもちろん、当時中学生だった我々は呆然としたのでした。それでも何かしなければ、という想いからコーヘーというもう1人の親友に、背中を押されながら校長室のドアを叩いて、直談判しました。

 間近に迫っていた(確か9月)の文化祭で、(これまた確か)ブラスバンドか何かの演奏の(たしか)後に、全校生徒、先生方の前でイエローモンキーの(この時演奏したのはJAMではなく)「楽園」を演奏しました。中学だし、当時バンド演奏など前例のない学校だったけれど、大人たちの協力もあって充分なワット数があるアンプなども用意されて、たしか当時の教頭先生が「僕もベース弾いてるんだ」(当時小谷はベーシストでした)などと言いながら少し楽しそうにサウンドチェックをしてくれて、様々な人たちの支えのお陰で追悼ライヴが何とか実現したのでした。

 当時、この中学では前代未聞だったこの追悼ライヴ、いま思い起こしてみても、発起人というか提案したのは間違いなく僕だったと思う。この頃から何かを企画したりするのは好きだったんだろう。ライヴ演奏する直前にヴォーカルを担当しいたおおぎやんは、天国のゆうすけに届くように、などと用意していた追悼文を淀みなく読み上げた。懐かしい思い出である。

 

 こんなマンガのみたいなでデビューが僕の初ライヴとなって、今回のライヴのMCで喋ったように、あの頃当時のライヴを未だに超えられない35歳の自分がいる。あれから20年経ったというのに。そして、僕は20年経ってようやく奴の死を売り物にしてやろうと思った。あいつの屍の上で踊ってやりたいと。

 当時15歳だった僕には2年半くらいの付き合いしかない友人でも、親友であることに間違いはなかったし、彼を失うことは耐え難いことであった。病院に駆けつけた僕はその緊急の事態に不謹慎にもワクワクさえしていたのだが、ゆうすけの親父さんが病室にいまにも殴り込みにかからんという勢いでいたのを兄弟だかに力づくで抑えられているのを目の当たりにして、胸の奥から込み上げてくるものがあったのをよく覚えいる。冷たくなった表情のまま家に帰ってきたゆうすけの様子も、それからほぼ毎日のようにあいつの部屋に行って、あいつが好きだったラルクを聴きながらみんなで涙を流したりした事も、今でも鮮明に覚えている。

 僕たちが無邪気な気持ちから、ゆうすけのお母さんに、彼のこの部屋はこのままにしておいて欲しいと頼んだから、僕たちがあまり足を運ばなくなってからも、4〜5年の間部屋はそのままにしておいてくれた。けれど、今はさすがにどうなっているのか僕も知らない。

 

 こうやって久々に当時のことを思い出してみて思う。あいつが天国でくだらない僕の人生や演奏のことを見ながら笑ってくれていたらいいなと思う。あいつへの報告のつもりは毛頭ないが、6/10に誕生日祝い兼、復活ライヴをしたときのライヴ動画をまとめたので、興味を持ってくれた人には観てもらえたらと思う。これからも僕は音楽活動を続けていくので、見守っていただけたらさいわいです。

おやすみなさい

 


Doggy Baggie by 小谷周平


恋 − 星野源  小谷周平・ソロギター


Lotus Blossom  わんにゃんクインテット+1


恋のバカンス  わんにゃんクインテット

星野源 「恋」

お前が演奏するんかい!?みたいな話ですが、最近4〜5年前に身につけたリハモのアイデアからすっかり編曲が好きになった小谷は今回、去年「逃げ恥」で社会現象になった「恋」(ダンス)を6/10のライヴに合わせてジャズアレンジしました。さらにライヴでしくじった部分は宅録のもので修正するという編集マジックによって、今日ようやくYoutubeにアップしました。いかがでしょうか。

 


恋 − 星野源  小谷周平・ソロギター

 

6/10のバースデーライヴ「わんにゃんクインテット+1@Whisper」は、メンバーからのサプライズもあり、店のマスターからも「楽しかった。みんなも楽しんでいたし、それが一番だ」とお墨付きをいただき、一応成功の形を収めることができました。これも素晴らしいメンバーのお陰と、会場に足を運んでくれた方々の賜物です。本当にありがとうございました。

 

さて、ライヴについてのエピローグ。前日、徳島から友人出て来ていたのでその飲みに顔を出した。その友人には

「あの時はほんまにごめんよ」

と謝られた。

去年、小谷がよかれと思って「結婚式披露宴の二次会に顔をだすよ」と伝えたのを彼がやむを得ない形で断ったことに対しての謝罪であった。僕はもちろん気にしていなかったし、それどころかそんな風に彼に断らざるを得ないような状況を作ってしまったことに対して申し訳なく思ったのであった。彼の表情、その空気からずっと謝りたかったのだ、ということがひしひしと伝わって来たのであった。

 

さて今回、ライヴで親友の松本くんが出演してくれたが、大学時代の友人で今も一緒に遊んでいるのは彼だけだ。かつて一緒にジャズを演奏した仲間たちが僕のこといまどう思っているのかは一向に知らない。会ってもいいという人は何人かはいるらしいが、こちらとしては合わせる顔がない人たちばかりである。迷惑はかけたくない。

 

ところでライヴには、僕と現在も唯一の家族でいてくれている父が参戦。昨日、「徳島に帰る前に一緒にごはんでもどない?」とメールしたら、「場外で競馬せなあかんけん、また今度」と断られた(爆)。俺のおとん、どんだけ現役やの。

 

さてさて、さらにライヴのプロローグ。FBにインスタ経由で写真を何枚か上げたら、海外で絵描きをやっている外国人の女友達からチャットがきた。

「周平元気になったね、強くなったね」

小谷が大学時代、恋心を抱いていた女性からだった。

なんでも、最近彼氏と別れて部屋も引き払わなくなり落ち込んでいる、という話であった。小谷は勝手に胸の奥がざわざわした。

「またドイツに行ってみようか」(その人はドイツ人じゃないですが)

僕は困っている女性に弱いと思う。「僕が助けなきゃ」という父性本能が働くのだろうか。もちろん誰にでも発動するわけじゃないのだけれど。もちろん、これはただの思いつきである。それに、大学時代もたくさん色んな話をした相手という訳でもない。でも、彼女について二つ、鮮明に記憶に刻み込まれているできごとがある。

横国から下宿へ帰り道がたまたま一緒になったことがあった。和田坂を下りきった所で、お互い方向も逆だからということでじゃあと、そのときハグして別れたのであった。小谷はその時点でアメリカ生活を経験していたので初めてのハグでもなんでもなかったが、かなり特別なものを感じたのをよく覚えている。

 

もう一つのエピソードは大学敷地内での彼女のアトリエで、一緒に彼女の作品を見ながら話をした時のことだ。そのとき彼女からもらった言葉が、またその当時の僕には特別だったので後日、小谷は大学生活初(?)の告白をしたのでした。一応OKだったのだろうか。しかし、4日間はさすがに付き合ったことにはならないと思うが、思い出というのはとことん美化されるもので、今でも彼女は僕の中で輝かしい存在のままなのです。

 

星野源は「二人を超えてゆけ」と歌いながらも、「恋愛」は大絶賛しております。これはそういうポップチューンです。吉本隆明が提唱した「対幻想」がどうとか云う分析的な話ではないです。恋愛それ自体は概念であり、イデオロギーでしかない。それは結婚と結びついているから、つまりは出産という労働力の再生産に帰結されるから、人類にとって肯定されるべき正義の物語なのである。しかし、こういう理知的に分析めいた洞察をおこなってみても、恋愛みたいな感情は生じるのである。かわいい子を見つけたら振り返ってしまうし、ラインがくれば返事もする。

 

まあ、恋愛批判、ロマチックラヴイデオロギー批判ばっかりしてきた小谷ですが、徳島では韓国スナックのママのところに行き、東京に来たら(何年も前の話だが)銀座のママの所に足を運ぶうちの父を見ながら、なんとも楽しそうだなあと思うのでした。失恋して、思いつめて、鬱に、自暴自棄になり犯罪を犯すような人間になるくらいなら、軽々しくても女の子のお尻ばっかり追いかけてる男の方が何倍も可愛げがある(父がそうい人間という訳ではないですが笑)。とまあ、こんな風に書いても結局小谷は、遊びたいなあと思いつつもずっと真面目なままなのです。だれか、僕を繁華街に連れ出して、玄人デビューさせてください笑

 

小谷の、恋愛人生、そして恋愛小説もまだまだつづきます。ついでに(笑)今後の音楽活動もどうかご支援くださいませ。

長くなりましたが、それではこの辺で。

おやすみなさい。