小谷周平 「出所後のオナニックな日々」

自分の人生を赤裸々に綴ります。

この世界の片隅に

アニメ映画が話題です。

 

去年の小谷が選ぶベストシネマは文句なく

『湯を沸かすほどの熱い愛』

ですが、、、

 

アニメ部門は、これまた文句なく

この世界の片隅に

です。

 

友人と忘年会をした時に、テアトル新宿で『14の夜』という思春期の男の子の物語を観たときに、一つ前の上映スケジュールが『この世界の片隅に』でした。友人に後から聞いた所、立ち見の人もいたようで随分と注目されているもんだと実感。僕はその友人といち早くユーロスペースで公開されたばかりの時に見たわけだが、その時と状況が変わったなと思う。テアトル新宿では、観賞後泣きながら出てくるお客さんも見かけた。

 

戦時中の描いたアニメは決して多くはない気がするが、このアニメがいいのは『ホタルの墓』とも違って、戦前戦中戦後にもあった「あたたかい何か」を描いている点だ。もちろん、物語後半の展開は重い。重すぎる。アニメで描いているからこそ、かえって残酷さも浮き彫りになる。僕は最初に観賞した時実に苦しかった。だから、決してたかがアニメなどと軽んずることができない、重いテーマも盛り込まれているのがこの作品の見所。

 

あとは、表現。水彩の良さをこれでもかと用いた手法はジブリの手法とは一線を画していた(『かぐや姫物語』だけは面白い絵で美しさを感じさせましたね)。敵機が攻めて来たときに空に散らされる「絵の具」は見ているこちらにさえも「美しさ」を感じさせた。あとは、主人公すずさんの恋愛事情もとっても魅惑的なのですが、ネタバレは興ざめなので是非とも(DVDなどではなく)劇場で観賞していただければと思います。

 

今年も素敵な映画やアニメに出会いたいですね。