読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷周平 「出所後のオナニックな日々」

自分の人生を赤裸々に綴ります。

性病の検査へ

諸般の事情から昨日、性病の検査へ行って来ました。

普通手順としては、陰性の結果を発表するもんだと思いますが、まあ敢えて。

f:id:schuhei:20170228152816j:plain

 

クリニック内には、小谷よりも明らかに年下と思われる可愛らしい女の子もちらほら。案内の女性スタッフは「パートナーの方も一緒に診察室に入れますので」などと説明していた。ここには二点面白いことが。一つは待合で待機しづらい人への配慮だが、もう一つはスタッフにしてみればパートナーとしか呼べないという点だ。だって、恋人とは限りませんし、同僚だったり兄弟だったり、ないとは言えない。

 

血液検査と尿検査だけで10分くらいでしたかね。結果は明日は発表。可能性としてはゼロに近いが万が一、HIVなどどれか一つでも陽性が出たら人生が変わる。

 

エイズをテーマにした重要な映画としては、インターステラーなどで主演だった摩周マコノヒーが主演男優賞を獲った『ダラスバイヤーズクラブ』が必見で、これは是非オススメしたい。未承認薬を巡る政治的な映画とも言えるが、マコノヒー演じるカウボーイ野郎がとにかく熱い。

 

昨今、日本でも梅毒感染者などが若い人の間で増えているらしい。週刊誌で読んだ。まあ、費用はかかるけれどこういう検査もたまには社会勉強として良いように思う。自分のためである。